整形外科

整形外科とは

体の芯となる骨や関節を始め、筋肉や腱・神経などで構成されている「運動器」の病気や外傷による損傷(けが)を治療し、それらの機能改善を目指すのが「整形外科」です。
日常的によく起きるとされる、肩こり・腰痛・膝痛・手足のしびれ・神経痛などによる、体の痛みや違和感の診療を行います。

交通事故に遭われた方も

交通事故による、「むち打ち症」(外傷性頸部症候群)や、骨折・打撲といった様々な外傷や痛み、体の不調などの検査・治療も行います。
交通事故に遭われた際は、自覚症状が軽かったり、痛みがなかったりするような場合でも、一度は整形外科など専門の医療機関を受診されることをお勧めします。

こんな症状はご相談ください

  • 肩や首が凝る
  • 腕が上がらない
  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む
  • ぎっくり腰を起こした
  • むち打ち症になった
  • 手や足などがしびれる
  • 手指がこわばる
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 切り傷、すり傷、やけどなどの外傷を負った

症状別にみる整形外科領域の代表的疾患(対象疾患)

首の痛み、肩のこり

  • 頸椎症
  • 頸椎ねんざ(寝違え、むち打ち症)
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 頸肩腕症候群

肩の痛み

  • 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)
  • 腱板損傷

腰の痛み

  • 腰椎捻挫(ぎっくり腰)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 変形性腰椎症
  • 骨粗鬆症
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離・すべり症
  • 坐骨神経痛

足の痛み

  • 足底筋膜炎
  • 有痛性扁平足

足指の痛み

  • 痛風
  • 外反母趾
  • 巻き爪・陥入爪

肘の痛み

  • 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)
  • 肘内障
  • 肘部管症候群
  • 変形性肘関節症
  • 離断性骨軟骨炎

膝の痛み

  • 変形性膝関節症
  • 靭帯損傷
  • 半月板損傷
  • オスグッド病(小児)
  • 関節水腫
  • 関節ねずみ

すねの痛み

  • シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

手・手首の痛み

  • 関節リウマチ
  • 腱鞘炎
  • 手指変形性関節症

指の痛み

  • 突き指
  • デュピュイトレン拘縮
  • ばね指(弾発指)
  • ヘバーデン結節

ももの付け根の痛み

  • 変形性股関節症
  • 単純性股関節炎

手のしびれ

  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 手根管症候群

足のしびれ

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)

トリガーポイント注射にて肩痛や腰痛などの筋肉の痛みを積極的に治療します

トリガーポイントとは、肩や腰などに強く痛みを感じる点のことを言います。
筋肉の反復性の運動・ストレス(頚肩腕症候群など)や急性の筋肉の障害(ぎっくり腰など)により、筋肉内に硬いしこりのような部分(過敏点)ができます。その部分がトリガーポイントと考えられます。
トリガーポイントは、その周辺や、少し離れた場所に関連痛(放散する痛み)を発生させることがあります。トリガーポイントによる肩や背中、腰の痛みが数カ月続いている状態を筋筋膜性疼痛症候群といいます。
肩や背中、腰などのトリガーポイントに直接局所麻酔剤を注射することによって治療します。とても細い針を使いますので注射の痛みはほとんどありません。
トリガーポイント注射には局所麻酔薬が用いられることから一時的な鎮痛を得るための手技と誤解されがちですが、過敏化した筋・筋膜の環境をリセットすることができるため、根治療法となりえます。
肩こりや腰痛の方は気軽に相談ください。

診療科目Subject of medical treatment

医院概要 Summary
診療科目 内科 外科 整形外科 皮膚科 小児科 救急科 アレルギー科
院長名 金 児民(きむ あみん)
住所 〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵2丁目16-15 古淵医療センター1F
電話 042-707-9950
Fax 042-707-9960
アクセス JR横浜線 古淵駅より徒歩2分
診療時間 日祝
10:00~19:00
19:00~21:00
PAGE TOP