アレルギー科

アレルギー科とは

アレルギー科では、アレルギーによる皮膚トラブルや花粉症に幅広く対応いたします。
アレルギーとは、特定の物質(抗原)に対し、私たちの体に備わっている免疫システムが過剰に反応してしまう状態です。

アレルギーによる皮膚トラブルを招くアレルゲン(抗原)としては、動植物、食品、化粧品、金属、化学薬品、薬剤など、様々なものが挙げられます(原因が特定できないケースも少なくありません)。
アレルギー症状は、アレルゲンの数だけあると言っても過言ではなく、その起こり方も様々です。

アレルギー性皮膚炎の症状は、「軽微」「軽症」「中等症」「重症」と段階的に悪化していきます。
痒いためについ皮膚を掻いてしまい、それによって悪化を招き、もっと掻きたくなるという悪循環にも陥りがちです。
悪循環を早めに断ち切るためにも必要な検査を行いましょう。

アレルギー性鼻炎

アレルギーの原因物質を吸入することで、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻水や鼻づまり、くしゃみ等の症状を起こすのがアレルギー性鼻炎です。
アレルギー性鼻炎については、「通年性アレルギー性鼻炎」と「季節性アレルギー性鼻炎」に分けられます。
通年性アレルギー性鼻炎の原因は主にハウスダスト(家の埃やダニの糞・死骸等)ですが、他にもペットの毛やフケ、カビも原因となります。

季節性アレルギー性鼻炎については、主に季節によって飛散する花粉(スギ花粉やヒノキ花粉、イネ科の草本花粉)が原因となるアレルギー性鼻炎です。

アレルギー性鼻炎は、主に鼻水・鼻づまり・くしゃみ・などの症状があり、この3つが3大症状と言われています。こうした症状を軽くするには、とにかくアレルギーの原因物質にできるだけ曝されないように工夫することが大切になります。
その上で、抗アレルギー薬の内服や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

花粉症

花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎の一種であり、植物の花粉が原因となって、目の痒みや異物感、充血、涙、鼻みず、鼻づまり、立て続けのくしゃみ等、様々な症状を引き起こします。
ひどくなると、せき、喉や皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感など様々な症状がみられるようになります。
症状が悪化すると、普段の生活に大きく影響を及ぼし、仕事・学業等、様々な場面で影響が出てしまいます。

アレルギーの原因物質としては、スギ花粉やヒノキ花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物は様々に存在しており、ケヤキ・アカマツ・イチョウ・ハンノキ等の樹木や、樹木だけではなくカモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギ等の草本類等、様々な種類があります。

治療に関しては、内服薬・点眼薬・点鼻薬などの薬物療法を中心に進めます。
また、症状が発生する前から治療薬を服用する事で、花粉シーズン中の症状を和らげる効果が期待できます。

舌下アレルゲン免疫療法

アレルゲン免疫療法とは、アレルギー疾患の病因アレルゲンを投与していくことにより、アレルゲンに曝露された場合に引き起こされる関連症状を緩和する治療法であり、アレルギー疾患の自然経過を改善させることが可能な治療法と考えられています。
施行法としては、注射による皮下免疫療法と舌下投与による舌下免疫療法などがありますが、当院は自宅でも投与可能であり副作用の少ない、舌下免疫療法を取り入れています。アレルギー性鼻炎、花粉症の方は気軽に相談ください。

舌下免疫療法について

当クリニックでは舌下免疫療法を行っております。
アレルギーは免疫機能が、普段は何でもない物質を細菌やウイルスなどと誤って認識をしてしまい、その結果アレルギー反応を起こしてしまいます。
この免疫機能の誤認識を正す治療方法が舌下免疫療法です。

アレルギーの原因物質を免疫機能が外敵と間違わないように少量ずつ体内に取り入れ 時間をかけて少しずつ増量しながら体をアレルゲンに慣らし、アレルギーの発症を抑えます。

治療は、スギ花粉舌下錠を舌の下に置き、そのままの状態を1分間維持した後に飲み込んでいただきます。
これを3年~5年にかけて、1日1回服用します。
舌下免疫療法は、通院の必要が無く、また注射による痛みが無いことや副作用の発症率が低いことから安全な方法として注目されています。
場所や時間を選びませんので好きな時に治療をすることができます。

治療の流れ

実際の治療を希望される方には、治療の前に採血(イムノキャップラピット、アレルギー検査View39)の検査が必要になることがあります。

View39について

「View39検査」は、アレルギー症状を起こしやすい39種類の物質を1度の採血で検査することができる血液検査です。
検査の結果は1週間程度お時間をいただいております。

測定可能な39項目
吸入系その他アレルゲン 食餌系アレルゲン
室内塵 ヤケヒョウダニ、ハウスダスト 卵白、オボムコイド
動物 ネコ、イヌ 牛乳 ミルク
昆虫 ガ、ゴキブリ 小麦 小麦
樹木 スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ 豆・穀・種実類 ピーナッツ、大豆、ソバ、ゴマ、米
草木類 カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギ 甲殻類 エビ、カニ
空中真菌 アルテルナリア(ススカビ)、
アスペルギルス(コウジカビ)
果物 キウイ、リンゴ、バナナ
真菌その他 カンジダ、マラセチア、ラテックス 魚・肉類 マグロ、サケ、サバ、牛肉、鶏肉、豚肉

イムノキャップラピット

イムノキャップラピットは指先からの採血により20分で結果が分かるアレルギー検査です。
スギやダニを含む8つの吸入系アレルゲンえを同時に測定でき、一度の来院にて患者様と一緒に結果を確認することができるため、すぐに対策を立てることができます。

治療開始時期について

治療開始の時期は、一般的に11月までが最適とされています。
遅くとも1月の初め頃には開始されることをお勧め致します。
2月~5月の花粉飛散時期には開始はできないので、スギとヒノキの花粉シーズンが終息してからの治療開始となります。

対象年齢

5歳からが適応となります。4歳までの小児には保険適応での治療を行うことができません。
高齢者の方は、適応外ではありませんが、効果のある方の割合がやや少なくなると予想されます。

  • 重度の気管支喘息患者
  • 65歳以上の高齢者
  • 妊娠中、授乳中、妊娠希望の方
  • 4歳未満の小児
  • 悪性腫瘍治療中の方
  • 重い心臓の病気を合併している方
  • 免疫不全などの病気の方 治療で免疫抑制剤を使用している方

現在、スギ花粉の方については、病因アレルゲンの摂取過剰等の危険性も考慮し、導入しておりません。
※花粉がなくなる5月以降からは導入が可能になる予定です。
スギ花粉でお悩みの方は、症状により、患者様に合った治療法をご提案させていただきますので、まずはご相談をいただければ幸いです。

診療科目Subject of medical treatment

医院概要 Summary
診療科目 内科 外科 整形外科 皮膚科 小児科 救急科 アレルギー科
院長名 金 児民(きむ あみん)
住所 〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵2丁目16-15 古淵医療センター1F
電話 042-707-9950
Fax 042-707-9960
アクセス JR横浜線 古淵駅より徒歩2分
診療時間 日祝
10:00~19:00
19:00~21:00

受付時間は18:50までとなります。 ※水曜・土曜は20:50まで

PAGE TOP